収益物件を利用して安定収入をGET|賢く利用する所有不動産

お家

資産性の高さが魅力です

物件

賃貸需要の強いエリアです

不動産投資をするのであれば、東京の中心部及びその周辺の投資マンションを購入しておけば、空室リスクを心配することはありません。それだけ賃貸需要が強いエリアなのです。東京は他の地域と圧倒的に異なる点があります。それは人口が流入しているということです。人口が減少している時代において、各地から東京へ人が集まってきているのです。しかも、集まってくる人は単身者が多いです。仕事を求めて地方から上京してきており、一人暮らしを始めるのです。この傾向は今後もしばらく続くものと予想されています。つまり、空室の心配も当面はないということです。仮に空室になったとしても、すぐに次の入居者が決まります。空室が3ヶ月以上続くことはあまりないです。

安定した収入を確保しよう

空室リスクが小さい分、東京の投資マンションは価格が高く、利回りが比較的低くなっています。郊外の投資マンションを選べば高利回りな物件はいくらでもあります。しかし、その高利回りも入居者がいて初めて実現できるものなのです。着実に安定した利回りを得たいと考えているのであれば、わずかな利回りの差で投資マンションを選ぶのではなく、収入の確実性で選ぶようにしましょう。空室リスクの小さい投資マンションは資産価値も維持されます。家賃が下がりにくいので、利回りもそれほど低下しないからです。また、東京には新しいオフィスビルや商業施設が次々に建設されており、街自体の魅力がどんどん高まっています。このことも資産価値維持の要因となります。